ニートが選り好みせず就職して周りを不幸にする話

はいこんにちは、元ニートでITエンジニアの池辺くろです。

僕は元々ニートで、就職して今はITエンジニアをやっております。

さて、この仕事は初めてなもので、就職活動も含めていろいろやらかしてしまったことや反省点があります。

今回はそのなかの1つ、
選り好みをしないとどうなるか
をお話ししたいと思います。

選ぶ権利なんてないと思ってた
ニートみたいな立場が弱い人が陥りがちなメンタリティとして、
自分には選ぶ権利なんてない、
ブラック企業でも雇ってくれるだけマシなんだから我慢して頑張ろう、
と言うものです。

僕も似たようなことを考えていました。

事実、今働いているところの内定を受けると決めたときもそんな感じでした。

ただ、気にくわない条件が2つありました。

1つは職種。
元々開発系がやりたかったのに、内定先はネットワーク系とかなり違っていました。ITというくくりでは同じですが、この2つは全然違います。

もう1つは勤務地。
元々東京で働こうと思って上京したのに、内定先の勤務地はなんと横須賀。確かに電車でアクセスは可能ですが、それでもかなり離れています。

なんだかモヤモヤしながらも、ニートの自分に選ぶ権利なんてないし、このままダラダラ就職活動するわけにもいかないと、内定を受けたのでした。

ずっと辞めることばかり考える日々
僕ははっきり言ってクズだと思います。
真剣に仕事をする気がないにも関わらず、内定を受けたわけですから。

当然、仕事のやる気なんてでません。

とりあえず出勤して、やるべき仕事を淡々とこなすだけ。

空いた時間はどうやって辞めるかばかりを考えていました。

ただ、露骨にその雰囲気を仕事場で出していたわけではありません。仕事中は一応真面目にやります。

先輩に見抜かれる
とはいえ、やはり隠しきれてないのでしょう。
先日、先輩にこう言われました。

池辺さん、もしかしてこの仕事にあまり興味ない?

そこで僕は言葉を濁してしまいました。
はい、興味あります!と言い切れなかったのです。

と同時に、ある種吹っ切れました。

今までは自分が選んだ以上、やり遂げるのが責任を果たすことだと思っていました。

しかし、現実は逆。
やる気がないならさくっと辞めて別の道を行くことが責任を果たすことになると。

選り好みしないと周りが不幸になる
結局、最初に仕事を選ぶ時点で、選り好みをして、興味あるところを選ぶべきでした。

ニートに選ぶ権利なんてない。

それは絶対に間違いです。

今もし就職活動中で迷いがあるなら、自分の心に従ってください。

そのほうが結果的に自分も周りも幸せになれると思います。

物書きみたいだねと言われた僕は物書きになった

はい、こんにちは、物書きの池辺くろです。
ここではブロガーとして活動してます。
 
僕は自分の意見を話したり書いたりするのが好きです。
そんなことも相まってブロガーなんてやってるんだと思います。
 
ただ、すんなりとブロガーを始められたわけではありません。
それなりに悩みもありました。
 
今回はその悩みからブロガーとして活動をしていくまでのお話をしたいと思います。
 

何度もブログを立ち上げたが続かず

実はこのブログを立ち上げる前にもいくつかブログを立ち上げたことはあります。
でも続きませんでした。
 
めんどくさい。
ネタがなくなった。
僕が書いても意味がない気がする。
 
いろんな理由があるにせよ、続かなかったんですよね。
 

ブログを始めるのが怖い

それでもブログをやってみたいという気持ちはどこかにありました。
僕はブログを見るのも好きなので、たまに気に入ったものを見つけると全部読んでしまいます。
 
楽しそうだな。
僕もこんな感じでブログやってみたいな。
 
そして先日もこのブログを立ち上げようと動き始めます。
 
しかし、なぜか手が止まってしまいます。
 
怖かったんです。
 
どうせまた続かないんじゃないか。
今まで何個も立ち上げては放置したじゃないか。
始めるときは勢い良く行くくせにすぐ飽きるじゃないか。
僕よりうまいブロガーなんていくらでもいる。
僕が書く資格なんてないんじゃないか。
だったら何もしない方がマシだ。
よし、Youtubeでも見に行こう。
 
そんな具合でブログを始めようとしませんでした。
 

君、物書きみたいだね

それでも、どこかしらブログへの興味は消えませんでした。
 
でも、自信がない。
 
僕はブロガーに向いているのだろうか。
 
そう思って理由を探していたら、見つかりました。
 
僕が高校生の時、先生に言われた言葉でした。
 
それは高校3年生になって初めての公民の授業でした。
初回なので、みんなで自己紹介しようという流れになったんです。
 
正直僕は何を言ったのか覚えていません。
たぶん、当たり障りのないことを言ったんだと思います。
 
それを聞いていた先生が一言。
 
「君、物書きみたいやね」
 
言われた当時は、まさかそんなことを言われるとは思っていもいませんでした。
でも、なぜか気に入りました。
 
あぁ、僕は物書きに見えるのか。
ならブログやったって全然おかしくないよな。
これは僕の思い込みじゃないんだよな。
好きに書いていいんだよな。
 
その言葉は僕を物書きにしたのでした。
 

なんとかやってます

今でも心が折れそうなときは時々あります。
でも、そのときはあの言葉を思い出すようにしています。
 
すると自信が湧いてくるんですよ。
僕ならできるって。
 
そんなこんなでなんとかやってます。

ニートでも普通に戦わなければ就職できる

はいこんにちは、大学卒業後1年ほどニートをして就職した池辺くろです。

今ニートな人でぼちぼち就職を意識し始めたけれどうまくいかない。
そんな人に向けて僕の体験をお話します。

大学卒業も就職せずニートに
僕は大学を卒業した時点で就職していませんでした。
適当に公務員試験とか資格試験を受けていました。

まぁそんな感じでは受かるはずもなく、結局1年ほどニートすることになります。

「新卒の意味わかる?」
さすがに2年も3年もニートする訳にはいきません。
そこで僕は一念発起します。

ハローワークに通い、就職活動を始めます。

しかし、ここで問題が起こります。

応募する求人がないのです。

一般求人、いわゆる求人は経験者を求めているものがほとんどです。
業務経験3年とか。

大学を出てから一度も就職をしたことがなく、
また特別なスキルや資格を持っているわけでもない。
ましてやニート。

マッチするわけがありません。

そこでまずはじめは新卒向けの求人を見ていました。
新卒向けなら経験は一切問われません。

「まだ大学を出てほとんど経ってないし、行けるやろ。」

しかしその考えは甘すぎるものでした。

返ってくる答えは冷たいものでした。

一番きつかったのは
「新卒の意味わかる?」
でした。

要は、
大学卒業見込みの人は欲しいけど、
卒業してしまった人はイラネ!
たとえ数か月前まで新卒でも。
ということです。

正直、後悔しました。
1年早く動いていればこんなことにはならなかったかもしれないのに。

上京してエージェントを使い無事就職
ハロワで応募したり、大学生と同じように応募したりしたのでは絶対勝てない。

うっすらながら普通に戦っちゃだめだということを感じ取っていきました。

ちょっと違った戦い方をしてみよう。

そして、グーグルで検索をかけていたら見つけました。

僕みたいなニートでも求人を紹介してくれる会社を。

ただまたしても問題が起こります。

東京限定のサービスだったのです。

当時の僕は四国の愛媛県に住んでいました。
その紹介に応じるには上京する必要があります。

僕にぴったりなサービスであることは間違いない。
でも上京するとなると決して楽じゃない。

迷った挙げ句、僕は上京を決意するのでした。

やはり普通に戦ってはいけないという思いが強かったのです。

地元で普通に応募して普通に面接して普通に内定を貰って普通に就職する。

僕にはそれができませんでした。

そうである以上、戦術を大幅に変更する必要があったのでした。

結果としては無事就職できました。
やっぱり紹介してくれるものに応募したほうが確率は高いです。
もちろん、東京はいろんな仕事がありますから、単純にマッチしやすいとも言えるでしょう、

僕は普通じゃないから、普通に戦うと負ける
僕は大学を出てニートという普通じゃない道を歩いています。
だからこそ、普通に戦うと駄目なんです。

普通に就職する。
僕の場合はそれができません。

でも悲観する必要はありません。

戦い方を変えればいいんです。

それだけで勝利したのですから。

とりあえず、ニートでもバイトはしておいたほうがいい

はいこんにちは、池辺です。

僕は大学を卒業してから1年ほどニートをして、就職しました。
その際、バイトをしておいたほうがよかったな、と思うときがありました。

そこで、今ニートをしている人に、なぜそう思ったのかをお伝えしようと思います。

就職するときに影響することがある
ボクが就職活動をしていたとき、バイト経験がないから不採用というパターンがありました。

働いてお金を稼ぐという経験がある人とない人では全然違うと言うことでしょう。

実際、採用担当者曰わく、ちゃんと働けるのか不安すぎるとのことでした。

そんな理由で落とされるのはあまりにももったいないです。

無理にバイトしろとは言いませんが、ちょっと興味があるものはやってみてもいいと思います。

自然と自己分析できる
ニートからいきなり正社員になって働き始めてから、自己分析がより鋭くなりました。

例えば、
体力なさすぎ、残業したら死ねる。
勤務地って大事やな、片道1時間半もかかるってめっちゃ無駄やん。
派遣の方がいいかな、案件選びやすそう。
みたいな感じです。

あ、自己分析ってめっちゃ自分勝手にやってください。
いくら欲しいとか、休日とかも。

なぜなら、ここが合わないとメンタルがおかしくなるからです。

給料少ないなぁ、もっと欲しい、でもまだ働き始めたばっかだし辞めるのもなんだかなぁ。でもこのまま働いても給料安いままだし。むかつくなぁ、あ、そろそろ出勤だ、いやだなぁ。

という具合で精神を蝕みます。

自己分析というと、将来の夢とか世界を変えるとか言いますけど、メンタル病んだら夢もクソもないですからね。

いずれにしても、僕の場合、働いて初めて自己分析できました。

働いたことないニートが頭だけで必死に考えても限界があります。

そんなのに何時間も使うほどならさっさとバイトでもしましょう。

人付き合いの練習ができる
仕事は人と人の間に生まれます。
人付き合いが苦手だと、どうしても仕事に支障が出ます。

ニートしてると人付き合いが限定されます。家族だけとか、最悪家族とすらロクに会話しないみたいな。

僕もニートしてたときは家族とだけ会話してました。なので就職してちょっと困ったのは先輩方との距離感です。話しかけていいのか、どこまでなら踏み込んでいいのか。この辺を掴むのに苦労しました。

これも1人で考えても仕方ないので、実践あるのみです。

真剣に人生を考えられる
僕は今、24歳です。
まだまだこれから、とよく言われます。
20代なら何でもできると。

とはいえ、20代もあと5年しかありません。
もう半分ほどしか残ってないのです。

そしてこのままだと、大半を仕事に捧げることになります。

本当にそれでいいのか。

最近はよくそう考えるようになりました。
ニートのときには考えもしませんでしたね。

働いているからこそ、人生について真剣に考えるのかもしれませんね。

僕は支配されるルールを選ぼうと思う

はいこんにちは、池辺くろです。

とある会社でITエンジニアをやっております。

 

この度、さまざまな理由からブログを始めることになりました。

 

その1つは会社で働くというルールに対する疑問です。

 

会社で働くとなると、多くのものを会社に決められることになります。

 

例えば住むところです。

 

僕は池袋に住もうと考えています。

ちなみに現在は横浜に住んでいます。

 

引っ越せばいいじゃんと思うかもしれません。

 

ところが仮にそうすると通勤時間が1時間以上伸びてしまうのです。

 

 

現状でも1時間以上通勤に使っているため、これ以上移動のために時間が奪われることは好ましくありません。

 

もし本当に引っ越すならば、退職することを考えざるをえないのです。

 

じゃあ転職すればいいじゃんと思うかもしれません。

 

でもどうでしょうか。

 

転職そのものにもリスクがあります。

 

あるいは、勤務地は池袋周辺だったとしても、途中で転勤命令が出るかもしれません。

 

そんなものにビクビクしながら生きて行きたいとは思いません。

 

僕なりにもいろいろ考えました。

退職せずに引っ越す。

退職して引っ越す。

引っ越さない。

 

考えているうちに、

どうしてすべての結論が不幸になってしまうのだろう

と思うようになりました。

 

その理由を考えた結果、1つの結論にたどり着きました。

 

会社で働くからだと。

 

会社で働くというルールの支配下にある以上、

このような不幸は避けられない。

 

じゃあどうするか。

 

支配されるルールを変えるしかありません。

 

例えば、フリーランスになるのか。

株式で金を増やすのか。

 

まぁこの辺はいろいろ考えているところでもあります。

 

ブログを始めたのもその結果です。

 

どのルールにも支配されない、と言うのは不可能です。

例えば、人間は寿命というルールの下にあります。

これを引き伸ばすことはできませんからね。

 

他にもいろいろなルールがあります。

自然のもの、人為のもの。

 

ただ、支配されるルールを選ぶことはできます。

あとはやるのか、やらないのかの違いです。

 

なので、本日、僕はブログをやることにしたのでした。